読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAGE

11月16日。いい色の日。

彼らは生まれた。

 

Sexy Zone、デビュー5周年おめでとう。

本当におめでとう。

 

この5年間、いろんなことがあったね。

長いようで短くて、

ツラいこと、幸せなとこ、

沢山のことを経験したね。

 

 

5年前の2011年、風磨くんと同じ高校2年生だったわたしは、まだジャニーズというアイドルにここまで心惹かれてはいなくて、もちろん嵐さんや他のグループも好きだったけど、それはただただTVに出ている瞬間だけかっこいい!と思う程度の好きだった。9月にSexy Zoneが結成された時、聡くんのファンだった友達からデビューが決まったことを聞かされ、聡が出るから!見て!ってSexy Zoneが出る番組はチェックさせられて。その前から風磨くんと健人くんの存在は知っていたけど、注目して見るようになったのはそこからだったな~。今でもよく覚えている瞬間がある。放送日までは覚えていないけど、少年倶楽部でMVで着ている真っ白な衣装でSexy Zoneを披露した日、カメラに抜かれた風磨くんの笑顔に心奪われた。あの日からわたしは風磨くんのファンをしている(正確に言うと始めの2年近くはふまけん担と豪語していた)。

 

5年間ずっとSexy Zoneと風磨くんを見守ってきた。いい時も、悪い時も。そして、5年間を振り返る中でどうしても避けられない、いわゆる"セク鬱期"。1番ツラいのは本人達だってわかっていても、自分の中からツラい気持ちを消すことは出来なかった。友達から"Sexy Zoneって3人なの?"って聞かれるし、TVをつけても5人の姿を見れる時はほとんどなかった。あの時期があってよかったなんて思える日は一生来ないし、どんなにSexy Zoneのみんながあの時のことを弁解してくれても、あんな状況にした事務所への恨みは消えない。でもだからって嫌いだなんて思えなかった。もういいやって吹っ切ることも出来なかった。5人に戻ることを願って、待って、待って、待って。5周年yearに入り、やっと、5人でお仕事させていただく機会が出来て、徐々に増えた。その時の5人の顔が本当に幸せで溢れている。今この瞬間が死ぬほど楽しいって顔で笑っている。純粋に5人が横並びで笑えるようになった今、わたしも最高に幸せを感じている。途中、いろいろあったけど、5年前のSexy Zoneよりも、今のSexy Zoneの方がずっとずっと大好き。

 

今、よかったなんて思える日は一生来ないと言ったばかりだけど、セク鬱期がなかったら今のSexy Zoneはなかったのかもしれないという気持ちもゼロではない。人ってね、ポジティブなことよりもネガティブなことの方が心に残りやすくて、ポジティブなことよりもネガティブなことの方が他人と共感したいと思う生き物なんだよ(一応ちゃんと心理学を学んだ上での意見です)。だから、高校の部活が1番青春だったとか、卒業してからもずっと仲いいのは部活のメンバーだとか、みんなよく言うけど、それは"苦しいこと"を一緒に乗り越えたから。ただただ楽しいことだけを共有していた友達よりもキツい練習や悔しい思いを共有していた仲間の方が絆が強いと感じているから。Sexy Zoneの強い絆が顕著に出始めたのってやっぱりカラフルeyesからだと思う。それまでも仲のいい家族のような関係だったことに変わりはなかったけど、5人でいる意味を強く感じ、5人でいることにこだわるようになったのは、やっぱりあの時期があったからだと思う。なんの苦しみもなくここまで来ていたら、今ほどのまとまり感はなかったかもしれない。これは本人達だけに言えることではなくて。この5年間を一緒に歩んできたファンと、これから好きになるファンとでは思い入れが全然違う。古株がよくて新規がダメとは思わない。思わないけど、いくら今から好きになって、セク鬱期のことを知っても、それは"知った"だけで"共有"はしていない。たとえ好きの大きさが同じだって、どうしたって思い入れは違ってくる。わたし達だって、一緒にあの時期を乗り越えてきたんだもん。

 

2016年に入ってから、風磨くんの笑顔が増えた。格段に増えた。少し前までの無理矢理笑っている苦笑いや、パフォーマンスでのかっこつけた笑いじゃなくて、本当に、"今が楽しい"っていう笑った顔。初めて風磨くんに手紙を書かさせてもらった時に、"もっと心からの笑顔が見たい"と書いた。今はもう、わざわざそんなことを言わなくてもいいくらい、沢山笑っていて、幸せそうで、今の風磨くんを見ていると、ここまで風磨くんを応援してきて、見守ってきてよかったなって、風磨くんのファンをやっていてよかったなって、心からそう思う。

 

さて、5周年を迎え、6周年目に突入するSexy Zone。もっと大きくなって、もっと売れて欲しい。こんなに魅力的な5人をもっともっと沢山の人に知ってもらいたい。わたし達は今、何が出来るだろう。信じて応援するしか出来ないけど、信じたらそれ以上の幸せを彼らはくれる。5年目にしてそう確信した。だから、ここからは、新なSexy Zoneを、10周年に向かって成長していく姿を、全力で見守っていきたいと思う。


長々と綴りましたが、5周年を幸せな気持ちで迎えることが出来て嬉しいということと、これからのSexy Zoneが楽しみだということを記して、終わりにしたいと思います。

 

中島健人くん

菊池風磨くん

佐藤勝利くん

松島聡くん

マリウス葉くん

あなたたち5人がSexy Zoneでよかった。

好きになってよかった。

沢山のありがとうと沢山のおめでとう、

届いているといいな。

 

 

2011.11.16 - 2016.11.16

5th Anniversary

Congratulations!

I love Sexy Zone...🌹