読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふうまとけんと

2017年が明けました。

2016年は本当にふまけんYearで、だからでも2017年になったら少し落ち着くのかなって思ってたら新年早々ふまけんワールドが爆発してた。

ので!

本来なら!

年内に語るつもりだった2016年のふまけんを!

今この2017年最初の日に!

語ろうと思います!!!!!

思い出しながらだからちょいちょいニュアンスだけで語るところがありますが、そこはもうご愛嬌ということで!大目に見てください🙏

 

 

ふまけん。

みなさんご存知。

菊池風磨中島健人からなる

運命で繋がれたシンメトリー。

 

 

"Sexy Zone事件"

24-7のプロモ撮影で風磨くんが健人くんのSexy Zoneにタッチしてしまったアレ。一瞬見つめ合う2人。恥ずかしがる健人くんに爆笑する風磨くん。その時の2人の表情がそれまでのちょっと距離があって作り笑顔になっちゃう笑顔じゃなくて、本当にやわらかな笑顔で、久しぶりにこんな風に笑い合う2人を見たな~って感じだった。わたしのヲタクの沼の入り口はふまけんで、ずっとふまけん有り気で風磨くんのことを好きだったけど、ここ何年かあんまりふまけん事がなかったから、正直結構風磨くん<ふまけんだったのが風磨くん>ふまけんになりかけてたんだけど、このプロモで完全にふまけん熱が復活した。

 

"中島ァの好きなところ"

忘れもしない4.28のMステ。西野カナ様の曲について話をふられた健人くんをフォローするように言った風磨くんの"中島ァの好きなところ"。この発言自体も「いやいやお前ら男の子同士で何を言っているんだ」って感じなのに、そこから追い打ちをかけるようにされた健人くんから風磨くんへの耳打ち。しかもこの流れが2回もされている。1回目の耳打ちは健人くんの口の動きから「ありがとう」だろうけど、2回目の耳打ちは本人達しか知らない。なんだよ!健人くんは何を言ったんだよ!そんで風磨くんはなんでそんなに照れてるんだよ!完全なる公開告白じゃないか!2人してそんな幸せそうな顔するなよ!ヲタクの前でもそんな姿を見せてくれなかった2人が、全国放送でそんなことをしてくれちゃうもんだから、もうTVの前で泣いてたなんて言うまでもないよね。

 

"W to SZ 大阪 自撮り"

実際に自分が見れたわけではないけど、ここをちゃんと映像化してくれたポニキャには感謝でしかない。

アンコールのマワレミラクルで自撮りをする風磨くん。その前にも他のメンバーと一緒に映ってたけど、健人くんは自分のところに来るとは思ってなかったのかな?風磨くんが健人くんのところに来た時ちょっとだけえっ?って感じの顔してるよね。そこからはもう照れてるのか嬉しいのかなんなのかよくわからないけどとにかくふにゃふにゃしてる。基本的に自分のパートはしっかり歌う健人くんがちゃんと歌えてない。横でカメラ構えてる風磨くんはなんだか彼氏の顔してるし?ヲタクも割れんばかりの悲鳴だし?目の前でこれ見てたらわたしきっと倒れてる。

 

"8.25"

もう。これは革命。事件じゃなくて革命。ふまけんリスタートの日。ヲタクにとってもふまけんにとってもきっとずっと忘れられない大切な日。

8.25が雪解け記念日みたく言われているのをよく見たけれど、わたしは雪解けはもっと前にもうしていたと思ってる。ただ、ずっと雪で隠れてしまっていた芽が花開き始めたきっかけが8.25だったんじゃないかなって。

これも自分が見れたわけじゃないし、映像化されたわけじゃないから完璧にレポとお友達から聞いた感想から想像するしかないんだけど。そこにピースフルな空気が流れていたことは確実で。ここから完全に2人の関係性は変わったんだと思う。

 

"初めてのサシ飲み"

雑誌の企画とはいえ、サシ飲みが実現されたことはとても大きい出来事だと思う。しかも結成日。最高すぎる。横並びで、甲斐甲斐しくお肉を焼く風磨くんと嬉しそうにお肉を頬張る健人くん。これが、これこそがふまけんって感じ。ここで不仲と言われてた時のことを話してくれてるけど、わたしはまだ20代前半の子たちがこういうマイナスな話を出来ることって本当にすごいことだと思う。そういうのって結構30歳ぐらいになって「あの時は俺らまだ子供だったな」ってなるのが一般的じゃない?5周年ってタイミングも背中を押してくれたんだろうけど、まだまだ青年な2人がちゃんと話してくれたことを、わたしは単純に嬉しく思った。それに仲が悪かった話が出来るってことは、今は良好な関係を築いていますっていう裏付けじゃない?男の子の友情?的なものにすごく心をうたれた。

 

"シンメ大賞"

このタイミングで絶対とってほしかったシンメ大賞。やまちねはシンメじゃないし、藤北はやっぱりどこかビジネスだし。ふまけんだってプライベートを一緒に過ごす友達系シンメじゃないし、仕事でなかったら関わらなかったってお互い言ってるけど、ビジネスじゃないエモいものを感じるから。友達でも仲間でもなくてパートナー。お互いに出会えたことを誇りに思っていて、強みと考えていて、必要としている。1番意識して1番負けたくなくて1番支えとしている。俺らが揃えば最強だと思っていて、なんでも出来ると思っている。エモい。(なんか似たようなこと前も書いたな…)本人達の気持ちも最高潮で、ここで絶対シンメ大賞とって、ふまけんというシンメトリーが本当に最高で最強でNo.1ってことを示したかった、全ヲタクに。だから本当によかった。本当に本当によかった。シンメ大賞とれて。

 

 

今までの風磨くんとこの1年の風磨くんの何が1番違うかって、"健人くんにむける視線"だと思う。もちろん他の3人にもすごく柔らかくて優しい表情をむけるようになったけど、健人くんにだけ甘い。蕩けそうなくらい甘い。いや、もう溶けてるかもしれない。ふにゃふにゃに笑ってる。ヲタクにもむけてくれない健人くんにだけむける表情。でも、それは健人くんの方も同じじゃないかなって思う。5人に戻ってからの健人くんは本当に幸せそうに笑うんだけど、やっぱり風磨くんにだけはふにゃふにゃに笑ってる。風磨くんにしかむけない表情。もうこの2人の間には誰も入り込めませんよって雰囲気を2人で醸し出している。最近はメディアもわりとふまけんとちびーずで分ける場合が増えたのもあって2人の時間も増えたのかな。お互いの話題も増えたよね。今きっと誰よりも本人達がふまけんに酔いしれている。

 

 

まぁ簡単にまとめると

ふまけんはヲタクが想像するよりもっともっとふまけんで、わたしはそんなふまけんが大好きです。この2人の関係性がずっと続きますように。

ってことですかね。

 

2017年もふまけんに幸あれ!